中性脂肪が高いと動脈硬化の原因に!効果的な予防対策とは?

中性脂肪が高いと動脈硬化の原因に!効果的な予防対策とは?

医者の問診

 

中性脂肪は体にとって重要なエネルギーとなりますが、溜まり過ぎてしまうと生活習慣病などが引き起こされてしまいます。しかし、中性脂肪値が高くても、目に見えた症状としてはなかなか現れないものです。

 

中性脂肪が増えすぎたために起こる症状の一つとして、動脈硬化があります。動脈硬化とはその名の通り血管が硬くなってしまうこと。しなやかだった血管の弾力が失われたり、血管に物質が付着して血管が狭くなる状態のことを言います。

 

動脈硬化は見えないうちに進行し、重大な病へと繋がってしまいます。動脈硬化にはコレステロールが関わることはよく知られていますが、中性脂肪は一体どのように動脈硬化の原因となるのでしょうか。今回は中性脂肪と動脈硬化の関係について見ていきたいと思います。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

心筋梗塞や脳梗塞の原因ともなる動脈硬化とは

 

 

動脈とは、心臓が送り出す血液が流れる血管のことで、全身にはりめぐらされている太い血管です。体の隅々まで血液を送り届けるためにしなやかに拡張と収縮を繰り返します。

 

動脈硬化になると血管が硬くなったり狭くなったりするため、全身に血液が行き届きにくい状態となります。そして、最初は症状としてはっきりとは現れませんが、進行すると瞬間的に血液の流れが停まってしまう可能性があります。

 

これが心臓付近の動脈で起こると心筋梗塞、脳の動脈で起こると脳梗塞が起こってしまうのです。自覚症状が出る前に動脈硬化の予防をしておく必要があります。

 

なぜ、動脈硬化の状態が引き起こされるのか

 

動脈硬化の主な原因は加齢によるもので、これは誰にでも起こることです。そして、もう一つの主な原因がコレステロールによる血管の詰まりです。

 

コレステロールは水分でできた血液には溶け込まず、タンパク質と結びついて「リポたんぱく」という形で存在します。リポたんぱくには悪玉コレステロールと呼ばれるLDLと善玉コレステロールと呼ばれるHDLがあります。

 

このうち悪玉コレステロールLDLが増えすぎると、血管壁に沈着してしまうのです。血管壁に沈着したLDLは白血球の仲間「マクロファージ」に取り込まれ、動脈硬化の素となる塊、プラーク(動脈硬化巣)を作り出してしまうのです。

 

動脈硬化とコレステロール、そして中性脂肪の関係

 

 

中性脂肪は水に溶け込む性質ではありませんが、血管壁に直接沈着するわけではありません。しかし、中性脂肪が増えすぎると、血管壁で悪玉コレステロールLDL を回収する役割を果たす善玉コレステロールHDLを減少させてしまいます。

 

そのため、血管壁でのLDL の沈着が進行してしまい、動脈硬化の進行を早めてしまいます。また、中性脂肪が多いと、LDLよりも小型で悪性の高いLDL が増えることも原因の一つです。

 

小型のLDLは血管壁に入り込みやすいため、動脈硬化の進行を促進してしまうのです。他にも中性脂肪には、動脈硬化の原因であるプラークを作り出す炎症反応を強めてしまう危険性もあります。

 

中性脂肪を減らし、動脈硬化を予防するためには

 

動脈硬化の進行は始めは緩やかなものですが、ある日突然重大な事態を引き起こしてしまう可能性があります。そうならないためには、まず、自分の体の状態を知ることが大切です。

 

例えば、血管の状態を測定する血管年齢検査や、頚動脈エコー、MRI、CTスキャンなどの詳しい検査を受けてみるのも良いでしょう。そして、自分の中性脂肪値やコレステロール値も把握して、生活を改善していきたいところです。

 

中性脂肪を減らすためには、運動や食生活の改善が何より大切です。中性脂肪を下げてくれる働きが期待できるオリーブオイル、青魚、玉ねぎ大豆などの食品を頻繁に食べるようにしたり、体重管理も行い適切に運動も行っていきましょう。

 

動脈硬化は進行してしまうと元に戻すことは困難ですから予防するためにも早めの対策を心がけていくことが最も重要なこととなります。

page top