分かりにくい?中性脂肪とコレステロールの違いってナニ?

分かりにくい?中性脂肪とコレステロールの違いってナニ?

中性脂肪とコレステロールがふえてそうな腹部

 

中性脂肪とコレステロールの違いとは、いったいどんなものなのでしょうか。中性脂肪とコレステロールは、あまり身体によくないというイメージがありますが、実はどちらも身体に必要不可欠な成分です。

 

ただし、多すぎても少なすぎても、健康を害してしまう成分でもあります。重要なのはバランスです。中性脂肪とコレステロールの違いを知って、ダイエットや健康の維持に役立てましょう。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

中性脂肪もコレステロールも脂肪の一種

 

私たちの体内にある脂肪は1つの種類ではありません。実は、4種類の脂肪が存在しています。

 

脂肪酸
生命の維持や活動のエネルギーとして消費されます。

 

中性脂肪
脂肪細胞の中にたくわえられており、必要に応じて脂肪酸になりエネルギーとして消費されます。

 

コレステロール
細胞膜の構成成分で、ホルモンや胆汁酸などの材料となります。

 

リン脂質
細胞膜の構成成分で、疎水性物質の材料となります。

 

簡単に言うと、脂肪酸と中性脂肪は、エネルギーの貯蓄に関係しており、コレステロールとリン脂質は、身体を構成する働きがあります。

 

中性脂肪、コレステロールは体内での働きも違う

 

脂肪

 

中性脂肪もコレステロールも、肝臓で合成される脂肪の一種ですが、体内での働きが違っています。

 

中性脂肪は、体内にたくわえられたエネルギーであり、生命維持や身体を動かすことによって消費されます。そして体温を一定に保ったり、身体を衝撃から守ったりする役割も果たしています。

 

一方のコレステロールは、体内の細胞膜やホルモンの材料となります。また、このふたつの成分の大きな違いは、中性脂肪は体内でエネルギーとして燃焼されるけれども、コレステロールは燃焼されないということです。つまり、減らすための方法も違ってくるということになるのです。

 

どんな関わりがあるのか?

 

コレステロールには善玉と悪玉があります。善玉は『HDLコレステロール』、悪玉は『LDLコレステロール』と呼ばれています。

 

悪玉と言っても、やはり身体に必要な、細胞膜やホルモンの合成に利用されるという重要な成分ではあるのですが、これが増えすぎると血管がつまってしまい、動脈硬化や心筋梗塞の原因になってしまいます。

 

そこで、善玉であるHDLコレステロールは、悪玉であるLDLコレステロールを血液中から取り除き、血液をサラサラにしてくれます。

 

しかし、中性脂肪が増えてしまうと、HDLコレステロールを減らし、LDLコレステロールを増やしてしまうのです。増えすぎてしまった悪玉コレステロールを減らすためには、まずは中性脂肪を減らす必要があると考えられます。

 

中性脂肪とコレステロールの減らし方

 

食生活の改善、サラダ

 

中性脂肪やコレステロールを下げるための薬を処方されている場合でも薬だけに頼らず以下のような対策を行っていくことが重要です。中性脂肪を減らすためには、次のような方法があります。

 

食生活の改善
食べすぎ、油分や脂質のとりすぎも中性脂肪が増える原因となります。食物繊維を多めにしたバランスのとれた食生活を心掛けましょう。

 

適度な運動
ウォーキング、ヨガ、水泳などの有酸素運動を、毎日の生活に積極的にとり入れましょう。一日30分でも効果があります。

 

サプリメントの利用
DHAやEPAには、中性脂肪を減らす効果がありますが、毎日の食事だけで必要量をとるのは困難だという場合、サプリメントの利用がおすすめです。

 

アルコールを控える
アルコールのとりすぎは、中性脂肪を増やす最大の原因と言われています。できるかぎり控えましょう。

 

コレステロールは、中性脂肪のように、運動によって燃焼されることはありません。そのため、減らすのが難しいのはコレステロールのほうだと言われています。コレステロールを減らすためには、次のような方法があります。

 

  • DHAやEPAを積極的に摂取する。
  • 脂質をとりすぎない。
  • 不飽和脂肪酸(オリーブオイルやゴマ油など)を積極的に摂取する。
  • コーヒーやローズヒップティーを飲む。
  • まめに水分補給をする。

 

中性脂肪やコレステロールを減らすには、継続することがとても重要です。自分に合った方法を見つけて、毎日実践してみましょう。

page top