チーズは中性脂肪を上げる?食べ過ぎなければ好影響も

チーズは中性脂肪を上げる?食べ過ぎなければ好影響も

チーズは中性脂肪を上げる?食べ過ぎなければ好影響も

 

中性脂肪を減らすために、食事を気をつけている方も多いでしょう。食品には中性脂肪を減らしてくれる食品、それとは逆に中性脂肪を蓄積しやすくする食品があります。

 

例えば、青魚は中性脂肪を減らし、脂質や糖質の食べ過ぎは余分な中性脂肪を蓄積してしまいます。しかし、チーズに関しては、中性脂肪を蓄積しやすくする脂質でありながら、中性脂肪を減らす働きもあると言うのです。

 

一体どういうことなのでしょうか?今回は、中性脂肪とチーズについて考えていきたいと思います。

⇒中性脂肪を早く下げるにはサプリもおすすめ

 

中性脂肪を増やす、乳製品の飽和脂肪酸

 

乳製品に含まれる飽和脂肪酸という脂肪酸は、様々な種類のある脂肪酸の中でも、中性脂肪を蓄積しやすい脂肪酸です。

 

中性脂肪を下げる青魚の油に含まれる不飽和脂肪酸は、常温では固まりにくく、体内では液体で存在し、中性脂肪やコレステロールを調節する働きがあります。

 

反対に、乳製品など動物性脂質に含まれる飽和脂肪酸は、常温で固まりやすい性質を持っているため、体内で蓄積され、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

 

中性脂肪は、分解すると飽和脂肪酸とグリセリンでできているので、飽和脂肪酸は中性脂肪の元とも言えます。

 

乳製品は摂取し過ぎでなければ、中性脂肪を増やす直接の原因とはなりません。しかし、料理に頻繁にチーズを使うなど、乳製品の摂りすぎには注意しておきたいところです。

 

チーズには脂肪燃焼効果があり、中性脂肪を減らす効果も?

 

食べ過ぎには注意しなければならないチーズなどの乳製品ですが、チーズには脂肪燃焼効果もあると言います。ラットで行われた実験では、普段より高カロリーな餌を与えながらも、チーズを与えたラットは内臓脂肪や中性脂肪、コレステロールが減少したそうです。

 

これには、チーズに含まれているビタミンB2が関係していると考えられています。ビタミンB2は、脂肪の蓄積を抑えて、脂肪分解を促す働きがあります。

 

そのため、チーズで脂肪分を摂取しながらも、体内で脂肪が燃焼されたと考えられます。また、チーズには脂肪の代謝に関係するミネラルも含まれていて、代謝を促進してくれます。

 

低脂肪のチーズと運動で中性脂肪を減らす

 

中性脂肪を減らすためには、運動も大切です。その運動のための栄養補給にちょうどいいのが、チーズに含まれるタンパク質です。

 

筋肉が増えれば代謝も上がりますが、タンパク質は筋肉の原料となるため、効率的にトレーニングができます。チーズに含まれるタンパク質は、体内では作られない必須アミノ酸が豊富で、ダイエットの味方となってくれます。

 

また、骨粗しょう症の予防に役立つカルシウムも豊富で吸収率もいいので年配の方には特におすすめな食材です。ただ、中性脂肪を減らすことを目的としている場合、やはり食べ過ぎには注意した方がいいでしょう。なるべく低脂肪のヘルシーなチーズを選ぶと安心して食べられますよ。

page top