中性脂肪が高いならビールと焼酎、どっちを飲めばいい?

中性脂肪が高いならビールと焼酎、どっちを飲めばいい?

中性脂肪とお酒

 

中性脂肪が気になる人は、アルコールは絶対的に避けるべきなのでしょうか。好きでもないのに飲むというのなら、全然飲まないようにするのもいいのでしょうけど、どうしてもやめられないという方も多いのでは?

 

無理にお酒を完全に遠ざけてしまうとストレスもたまりますし、仕事の付き合いというものも円滑に運べなくなることもあるでしょう。中性脂肪とお酒・アルコール

 

「仕事終りの一杯」の王様であるビールと、バリエーション豊かに自分好みで楽しめる焼酎のどちらかを飲んでいる人は大半でしょう。どちらが中性脂肪が上がりにくいお酒なのでしょうか?

 

この2大人気アルコールともいえるビールと焼酎は、いずれも共に口にする「おつまみ」を工夫すれば、少し手も悪影響を低く、美味しく健康的に飲めるようになります。中性脂肪を撃退するのにぴったりな食材を選び、ヘルシーな晩酌を楽しみましょう。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

ビールか?焼酎か?

 

健康志向の強い方はお酒を飲むときに焼酎を選ぶ人が多いでしょう。これは焼酎のほうがビールよりも糖質が低いために血糖値が上がりにくいためです。

 

血糖値が高いと肥満になりやすくなりますが、肥満になると中性脂肪の蓄積が過剰になりインスリンの働きが悪くなります。そうなると血糖値が下がりにくいという状態になります。

 

このように中性脂肪とも関係がある血糖値ですが、焼酎でもアルコールである限りインスリンの働きを弱めてしまうので糖尿病になる可能性などもなくなるわけではありません。

 

結局は、お酒と一緒に食べるもののカロリーや脂肪量、栄養などが問題になってくることが多いのです。お酒もカロリーが多少は違いますが、おつまみの方に注意を向けていきましょう。

 

ビールのお供は肉で決まり

 

中性脂肪ビール

 

ビールを飲むとボリュームのあるおつまみが食べたくなります。そんな時には抗わず、素直に食べましょう。食べすぎは禁物なので、旨味の豊富な豚肉を選び、100gを目安にします。

 

調理方法は焼くと一番シンプル。強力な抗酸化作用が頼りになる米油を調理に使うのがポイントです。味付けはビールが進み過ぎないように薄味を心掛け、生姜をアクセントにするといいですね。

 

味付けに糖分を加えるよりもりんごのソテーと一緒に食べるのが理想です。りんごは中性脂肪値の上昇を抑える優れたフルーツです。キレイに洗って、皮ごと調理して食べましょう。

 

野菜不足の解消に、豚肉を焼いたフライパンで玉ねぎや長ねぎを炒めて添えましょう。玉ねぎは血液サラサラ効果が期待でき、豚肉との相性も抜群です。

 

焼酎のお供は魚

 

中性脂肪と焼酎

 

魚の中でも青魚が一番です。秋刀魚やサバなどがその代表格ですが、焼き魚が面倒だと感じたら、切り身を酸化し難いオリーブオイルでサッと焼けば手軽です。

 

塩味は極力抑えて、柑橘類で香りを高めて食べると、より焼酎の味を引き立ててくれます。ゆずやすだちなどは皮の部分に中性脂肪を下げる栄養が多く含まれているので、果汁を絞るのではなく、薄くスライスして全て食べると更に効果的です。

 

青魚の香りが苦手な人には、同じ海の仲間である海藻がオススメ。ポン酢で和えて食べる方法が一番シンプルですが、少しボリュームアップしたい人はきのこ類と炒めるといいでしょう。

 

きのこは血中のコレステロール値を下げ、更に歯ごたえがアップするので少しの量で満足感が得やすい一品にアレンジ出来ます。脂肪分解を促す一味唐辛子を加えてもgood!

 

家飲みの醍醐味とは

 

自分で調理をして食べると、好みの食材が選べ、味付けの加減が自由に出来るというメリットが生じます。これぞ、自らの健康をしっかりとコントロールするということ。

 

お店で提供されるものを考えなしに口にしていたのでは、近い将来、「アルコールはご法度」の禁酒生活が待ち受けているに違いありません。

 

「なぜ、この食品が身体に良いのか」など、きちんと納得して摂取する栄養素は、必ずや中性脂肪からあなたの身体をプロテクトしてくれるはずです。意識して中性脂肪を下げるような生活を送っていきましょう。

 

「酒は百薬の長」という言葉がありますが、適量のアルコールとあなたの食生活管理が正しくマッチすれば、晩酌で中性脂肪値が悪化することは防ぐことができるでしょう。

 

「完全にお酒は飲んではいけません」という状態にならないように、検診、検査で中性脂肪値が高いと指摘されたら、健康的な食生活に変えていきましょう。

 

page top