中性脂肪のための手軽に作れるサラダレシピ

中性脂肪のための手軽に作れるサラダレシピ

サラダは、数多くあるレシピの中でも、簡単に調理できる健康的なレシピの1つです。それこそ、料理があまり得意ではない方でも、簡単に作ることができるので、とっかかりとしては非常におすすめです。

 

また、同じサラダでも、少し工夫をするだけで、中性脂肪を下げるレシピに早変わりすることも、嬉しいポイントであると言って良いでしょう。ここでは、手軽に作れるサラダレシピについて見てみることにしましょう。

 

まず、サラダの中でも最もおすすめなのは、海藻サラダです。この海藻サラダには、中性脂肪を下げることに関しては、大きな効果が期待できるのです。というのも、海藻を摂取することによって、食物繊維を上手く吸収することができ、これだけで満腹感を感じることにつながります。

 

実際に食物繊維をきちんと摂取できていないと、なかなか満腹感を感じるのも難しいものですが、これなら中性脂肪を下げることを考えている人にとっては嬉しい限りです。

 

しかも、海藻はカロリーが非常に低いので、少しぐらい多めに摂取したところで、特に大きな問題が生じるわけではありません。また、現代の食生活ではなかなか摂取できないとさえ言われているカルシウム、カリウム、マグネシウムと言ったミネラルも効果的に摂取することができます。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

サラダのメリットは簡単に作れること!

作り方は至って簡単で、レタスやきゅうりやトマトを切って更に盛り、わかめの塩を落として細かく切ってそれを野菜が盛られている皿の上に乗せれば良い、ただそれだけです。これだけで手軽にサラダレシピが作れます。

 

ドレッシングはコレステロールの多い油分を控えたり、中性脂肪へいい影響を与えてくれるオリーブオイルを使用するなど中性脂肪を下げるためにもっと工夫もできますね。

 

中性脂肪を意識してみる

中性脂肪を減少させるためには、水溶性の食物繊維が豊富に含まれる生野菜を十分に摂取します。かぼちゃなどに含まれる水溶性の食物繊維を摂取しながら、キャベツやトマトなどの多くの品目の生野菜を1日に摂取する事を心掛けましょう。

 

キャベツやトマトなどは、食べやすいように千切りにしてサイドメニューにすると毎日食べても飽きませんよ。ブロッコリーやカリフラワーなどをサラダにする時は茹でるよりもボイルしたほうが栄養素が損なわれにくいです。

 

中性脂肪を減らすという目的を考えるなら、不飽和脂肪酸を多く含むオリーブオイルを1日で小さじ1杯分だけ使用したり、脂分を含んでいない30品目の食材を活用すると効果的です。

 

市販のドレッシングを使う場合もオレイン酸の多いオリーブオイルを利用しているものや、中性脂肪を上げない、もしくは下げるなどと言われているトクホのものを使う方法もあります。

 

食卓に並べる場合は、量がたくさんに見えるように一つの皿に大盛りにしないで、小鉢などを使い小分けにすると過食を防ぐことができます。

 

食材をバランスよく入れたり、果物を適量に摂取しながら糖分を出来るだけ少なく取る事を心掛けます。中性脂肪を減らそうと思っていても、外食をしないといけないこともありますよね。こういった場合は、たまだからと諦めてもいいですが、できればヘルシーな魚メインの和食を中心に食べて、脂質がある食材を上手に避けるとよいでしょう。

page top