えごま油のα-リノレン酸がEPA、DHAに変化して中性脂肪対策に効果的

えごま油のα-リノレン酸がEPA、DHAに変化して中性脂肪対策に効果的

エゴマ油で中性脂肪を下げる

 

EPAは、厚生労働省でも健康のために摂取を推奨している成分で、中性脂肪を減らす効果が認められています。EPAやDHAが青魚の油に含まれていることはご存じの方も多いかと思いますが、実は植物性の油の中にもEPAやDHAの効果が得られる油があるのです。

 

「畑の青魚」とも呼ばれる「えごま油」は、テレビなどでもよく取り上げられた最近注目の食材です。えごま油にはEPAやDHAは含まれていないはずですが、なぜ、畑の青魚と呼ばれるのでしょうか?その秘密は、えごま油に豊富に含まれているα-リノレン酸にあります。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

α-リノレン酸が豊富なえごま油の効果・効能

 

 

えごま油は、青シソによく似た葉を持つシソ科の植物の種子から抽出した油です。韓国ではえごまの葉っぱを食べる文化があり、キムチ漬けとして愛用され、日本では古くは平安時代から灯明油として使われていました。

 

えごま油の60%を占めるα-リノレン酸は、EPA、DHAと同じオメガ3脂肪酸に属し、体内で作ることのできない必須脂肪酸です。肉類などの飽和脂肪酸とは異なり、常温でも固まらない不飽和脂肪酸で、中性脂肪やコレステロールを減らす作用があります。

 

α-リノレン酸などのオメガ3脂肪酸には細胞膜を構成する働きがあり、異物の侵入を防いだり、細胞内の環境を一定に保っています。オメガ3脂肪酸が不足すれば、細胞膜が正常に保たれず、老化が促進してしまうのです。

 

サラダ油などに含まれるリノール酸は、摂取しすぎるとアレルギーを引き起こす原因となります。α-リノレン酸にもリノール酸は含まれますが、α-リノレン酸にはリノール酸と競合して働き、炎症を抑える作用もあるため、アレルギーの緩和にも繋がります。

 

α-リノレン酸は体内でEPAやDHAに変化!

 

 

α-リノレン酸の一部は人間の体の中で、EPAやDHAに変換されます。そのため、えごま油を摂ることで魚の油などにしか含まれないEPAやDHAの効果を得ることができるのです。

 

EPAには、中性脂肪を減らす効果、血栓を作りにくくして血流を良くし、心筋梗塞などの血管系の病気を予防する効果、炎症を抑えたり、アレルギーを緩和する効果など様々な効果があります。また、DHAには脳を活性化するなど脳に直接働きかける効果が期待できるのです。

 

ただ、EPAやDHAに変換できるのはごくわずかとなってしまい、魚の油から摂るEPAやDHAの補助的な役割と考えた方が良いでしょう。

 

熱に弱いので加熱しない食べ方がおすすめ

 

えごま油は加熱せず食べて

 

えごま油を食事に取り入れる時に注意したいのは、熱に弱く、酸化しやすいため、できるだけそのまま使用することです。また、酸化しないようになるべく早く使い切りましょう。

 

例えば、サラダのドレッシングとして使ったり、卵かけご飯にかけたり、味噌汁に入れるのもいいようです。味噌汁に入れる時には、熱があまり加わらないようにお椀に注いでからえごま油を入れましょう。

 

ただ、えごま油は健康にいいとは言え、油なので1グラム約9カロリーとカロリーが高いので、摂りすぎには注意してください。また、できるだけ夜ではなく、カロリーを消費できる朝や日中に食べると良いでしょう。

 

リノール酸の摂りすぎも問題になっている今、脂肪酸のバランスを保つためにも、えごま油のα-リノレン酸やEPAなどのオメガ3脂肪酸を食生活に意識的に取り入れていきましょう。

 

エゴマ油はしそ油としても販売されています。名前が違うだけで原料は同じ「えごまの実」です。しそ(紫蘇)とエゴマは葉っぱも似ていますし、同じシソ科の1年草なので、馴染みのないえごま油ではなく紫蘇油として販売した商品があるため混同されるようになったみたいですね。

page top