血液サラサラ効果のらっきょうで中性脂肪も下げられる?

血液サラサラ効果のらっきょうで中性脂肪も下げられる?

血液サラサラ効果のらっきょうで中性脂肪も下げられる?

 

らっきょうと言えば、カレーに合わせて食べるだけという方も多く、あまり食卓にあがる頻度が高くないご家庭も多いのではないでしょうか。カリカリとした食感がおいしいらっきょうの甘酢漬けも、独特な風味や酢の酸味で、好き嫌いが分かれるところです。

 

でも、らっきょうはあの小さな一粒に、栄養がぎゅっと詰まった食材なんです。血液サラサラ効果で、テレビで話題になったこともありました。「畑の薬」とも言われるらっきょうの効能の中には、実は中性脂肪を下げる効果もあるのです。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

水溶性食物繊維フルクタンが中性脂肪に喝

 

中性脂肪を減らすなら、食物繊維が有効です。中性脂肪は、人間の体を動かすエネルギーとなるため大切なものですが、増えすぎてしまうと体内に蓄積されて、動脈硬化などの原因となってしまいます。中性脂肪を増やさないためには、糖質や脂質などを過剰に摂りすぎないよう注意しなければなりません。

 

そんな時に役に立つのが食物繊維で、食物繊維は糖質や脂質が体内に吸収されるのを防ぐ効果があります。また、食物繊維を含む食品は腹持ちが良く、食べ過ぎを防ぐことも中性脂肪を減らす助けとなるのです。

 

らっきょうには、食材からは摂取しにくいと言われている水溶性食物繊維のフルクタンが豊富に含まれています。水溶性食物繊維は、消化されない状態で腸に到達し、腸の中で余分な排泄物を包み込んで、一緒に体外に排出することができます。

 

そのため、腸内に余分な中性脂肪やコレステロールが溜まりにくくなるのです。フルクタンには、中性脂肪、コレステロール、血糖値の改善効果があり、生活習慣病を予防してくれる働きがあります。

 

血液サラサラ効果の硫化アリル

 

らっきょうのあの辛みや臭いの成分、硫化アリルには血液をサラサラにしてくれる効果があります。硫化アリルは、血液の凝固を防ぎ、血管の詰まりの原因となる血栓ができるのを防いでくれるのです。

 

血栓ができると、動脈硬化の危険性が高まります。中性脂肪も増えすぎると、動脈硬化につながっていくため、フルクタンと硫化アリルの両方の力で、動脈硬化を未然に防ぐ効果が期待できます。

 

1日に食べる量と食べ方の注意点は?

 

健康効果の高いらっきょうですが、らっきょうは食べ過ぎると胃に負担がかかってしまうので、一日3〜5粒を目安に考えてください。

 

また、食べ方にも注意が必要です。中性脂肪を下げる効果のある食物繊維フルクタンは、水に溶ける性質があるため甘酢漬けにすると漬け汁にも成分が溶け込んでしまいます。

 

漬け汁も料理や飲み物などに有効活用したいですね。毎日少しずつのらっきょうを食べることで、中性脂肪を減らしていく手助けにしていきましょう。

page top