お菓子、デザートは中性脂肪が上がりにくいものを選びましょう

お菓子、デザートは中性脂肪が上がりにくいものを選びましょう

お菓子、デザートは中性脂肪が上がりにくいものを選びましょう

 

中性脂肪値が高い人は、特に中性脂肪のもとになってしいがちな「甘いもの」は避けるのが無難ですが、やはり美味しいスイーツを完全に我慢するというのはとても大変なことです。

 

我慢しすぎてその反動で食べ過ぎてしまうということもありますので、どうしても我慢できないという場合は上手に食べてストレスを溜めないようにしましょう。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

中性脂肪に影響が少ないお菓子

 

市販されているデザートやお菓子で中性脂肪を減らすことができるというものを探してみても、さすがにそういったデザート、お菓子は現在は販売されていないようです。

 

普通にスーパーなどでは購入できませんが楽天、ヤフーショッピングなどの通販サイトでは低GIや低炭水化物のケーキ屋クッキーなどのスイーツが売られているようです。

 

こういった特別なものを購入しなくても、ダイエット用のデザートに関しては太りにくい材料を組みわせて作られているものがほとんどなので、上手に食べれば脂肪を増やすことなくデザートを食べることも可能です。

 

この場合も中性脂肪を減らすことというよりは、悪い影響が少ない、減らすことはできなくても現状維持できるということです。洋菓子を食べるなら和菓子を選ぶほうが太りにくいと言われていますが、中性脂肪を増やしにくいかというとどちらもそんなに変わらないのが事実です。

 

ただ、消化の早いもの、遅いものがありますからお腹にたまりやすいものが多い和菓子の方が少量で満足感は得やすいかもしれません。食べる時間帯によっても中性脂肪がつきにくくなる時間というのがあります。

 

できれば間食は14時〜15時くらいの間に食べてあとの時間は避けるのが良いです。特に夕食後に食べるとその後にエネルギーに変換しにくく、肝臓にも負担がかかりますので絶対に食べないよ王にしてください。

 

中性脂肪対策の手作りデザート

 

 

手作りのデザートなら自分でお砂糖の分量を調整したりすることができます。豆腐などを使ったヘルシースイーツが流行っていて、自宅で手作りのデザートを作るという人も多いでしょう。

 

デザートで中性脂肪を下げたいと思ったら、寒天を使ったデザートを作ってみるというのがおすすめです。寒天はとても低カロリーで満腹感を得るのにも役立ってくれます。食物繊維が豊富で体の中の不要なものを外に排出されやすくしてくれますし、便秘解消にも役立ちますよ。

 

生活習慣病の予防にも最適といわれている寒天でゼリーを作って食前に食べれば、満足感が得られるので食事の量も自然に減らすことができると寒天ダイエットが流行ったこともありますよね。

 

ゼリーを作る際は、血糖値を急上昇させる上白糖の使用は避けて、濃縮還元(還元するときに砂糖が加えられています。)でない100%果汁ジュースを使うなどして、脂質や糖質をできるだけ抑えたものを作りましょう。

 

市販されているもので中性脂肪を増やしにくいのがカカオの割合の高いチョコレートです。甘くはないのですが、これを手作りのお菓子に使ってコクのあるお菓子を作ることも可能です。

 

ダイエット中のおやつ、できるだけ我慢しすぎずに上手に食べられる方法の参考にしてみてください。

page top