中性脂肪を下げる油、エゴマ油のダイエット効果

中性脂肪を下げる油、エゴマ油のダイエット効果

中性脂肪を下げる油、エゴマ油のダイエット効果

 

テレビやインターネットでも話題のエゴマ油ですが、ダイエットにも効果があることをご存知ですか?エゴマ油を摂取すると、体内でDHAへと変換されます。

 

このDHAには、ずばり、中性脂肪を減らす作用があるのです。またエゴマ油は体内で固まらないため、脂肪になりにくいとも言われています。エゴマ油を積極的に摂取して、中性脂肪値の改善を目指しましょう。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

中性脂肪とは?

 

中性脂肪は、人間が活動する際のエネルギー源となる物質です。その他には、内臓を保護したり、体温を一定に保ったりする働きをしています。

 

中性脂肪値が基準を超えると、生活習慣病になるリスクが増すことから、不必要なものと思われることが多いのですが、実際には生きるために欠かせないエネルギー源ですので、人間にとって非常に重要な物質です。

 

しかし、やはり中性脂肪は、私たちの健康にとっては厄介なものでもあります。中性脂肪値は高くても低くても健康を害す可能性がありますが、特に中性脂肪値が高い場合には、大きく分けて2つの系統の病気にかかりやすくなります。

 

動脈硬化→心筋梗塞、脳卒中、狭心症など。
脂肪肝→肝硬変、肝臓がんなど。

 

どちらも最終的には、生命に関わる病気へと発展しかねません。ですから中性脂肪値は、正常な範囲内に留めておくに越したことはないのです。

 

エゴマ油に豊富に含まれるαリノレン酸

 

 

エゴマ油は、必須脂肪酸である『αリノレン酸』を60%も保有しています。そしてこのαリノレン酸には、次のようなダイエット効果があります。

 

  • 身体に脂肪を蓄積しにくくする。
  • 脂肪の燃焼を促進する。
  • 余分な糖質の吸収を妨げる。

 

必須脂肪酸とは、動物が生きていく上でなくてはならない栄養素のことです。必須脂肪酸には、『オメガ6系不飽和脂肪酸』と『オメガ3系不飽和脂肪酸』の2種類があります。

 

これらは細胞膜やホルモンを産生する原料であり、私たちにとって必要不可欠なものですが、現代の食生活では『オメガ6系』を過剰に摂取し、『オメガ3系』は不足している傾向にあります。

 

そしてαリノレン酸は、『オメガ3系』に分類されます。『オメガ3系』には生活習慣病などを予防・改善し、更には脳を活性化する効果のあることがわかっています。

 

またαリノレン酸は、人間の体内では合成できないため、食べ物から摂取しなければならない成分です。体内ではDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変換されます。

 

DHAは脳の健康に、EPAは血液の健康に効果があると言われていますが、実はどちらもダイエットに対して大きな効果を持っているのです。

 

エゴマ油の中性脂肪への効果

 

前述の通り、エゴマ油に含まれるαリノレン酸は、体内でDHAとEPAに変換されます。このふたつの成分には、脂肪を抑制・燃焼させる働きがあります。

 

特に、DHAには中性脂肪を、EPAには内臓脂肪を、それぞれ減らす作用があると言われています。つまり、エゴマ油を摂取することで、体内の脂肪を総合的に減らすことができるのです。

 

エゴマ油の一日の摂取量の目安は、小さじ1杯(4g)です。そして、エゴマ油の効果をより高めるために、注意していただきたいポイントが2つあります。

 

  • 加熱せず、料理にかけるなどして、そのまま摂取する。
  • タンパク質と一緒に摂取する。

 

エゴマ油は、日常生活に手軽に取り入れることのできる健康食品です。一日スプーン1杯のエゴマ油を、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

ちょっと味、臭いに癖があるので試してみたけどダメだっという方もいらっしゃるようです。私も臭いが受け入れられずに断念しました。ちなみにオリーブオイルの匂いも嫌いです。

 

とはいっても1種類しか試していないので違うメーカーだと大丈夫な可能性もありますが、臭いに敏感な方はサプリなどを使うほうが良いかもしれません。

page top