高めの中性脂肪にブロッコリーのスルフォラファンで対策を

高めの中性脂肪にブロッコリーのスルフォラファンで対策を

高めの中性脂肪にブロッコリーのスルフォラファンで対策を

 

中性脂肪を下げるためには、食生活に気をつけなければなりません。食事でのカロリーの摂りすぎは、中性脂肪を上げる原因となってしまいます。

 

しかし、カロリーばかりにこだわって、体に必要な栄養素を摂らないわけにはいきませんね。中性脂肪が高くならないように低カロリーでヘルシーな食事をするのに打ってつけの、栄養も豊富な食材にブロッコリーがあります。

 

ブロッコリーはキャベツなどと同じのアブラナ科に属する緑黄色野菜で、健康だけでなく、美肌効果にも優れています。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

中性脂肪を減らすにはブロッコリースプラウトも

 

 

ブロッコリーには、中性脂肪の分解を活性化させるというスルフォラファンという成分が含まれています。しかし、この成分はブロッコリーにも含まれてはいますが、ブロッコリーの新芽の状態、ブロッコリースプラウトにたっぷり含まれている成分なんです。

 

スルフォラファンには、抗酸化作用、解毒作用、抗炎症作用などの働きがあり、肝臓の働きを高める効果もあります。ブロッコリースプラウトは、生で食べると効率的にスルフォラファンを摂取できるそうです。

 

ブロッコリーだけでなく、ブロッコリースプラウトも中性脂肪を減らすために注目したい野菜ですね。健康効果の高い野菜を食べて、中性脂肪を減らす食生活を習慣化していきたいものです。

 

ブロッコリーの健康効果、美容効果

 

ブロッコリーは、ビタミンCが野菜の中でも豊富に含まれていて、体の免疫力を高めて、風邪やがんの予防にも役立ちます。ビタミンCには、アンチエイジングや美肌効果もあり、特に美容を気にする女性には嬉しい効能といえます。

 

他にもブロッコリーには体の老化の原因である活性酸素を除去する抗酸化作用を持つビタミンEやカロテン、脂肪肝や動脈硬化など、生活習慣病予防に効果のあるビタミンB群も豊富です。

 

また、ブロッコリーに含まれるポリフェノール、ケルセチンには血流を改善し、血管壁や毛細血管を強くしてくれる効果があるため、高脂血症や動脈硬化の改善に期待ができます。

 

ケルセチンには肝臓の脂肪燃焼を助けたり、脂肪の吸収を抑える効果もあり、肝臓の中性脂肪の量を減らすことにもつながるのです。

 

低カロリーで栄養豊富だから減量にもぴったり

 

中性脂肪を減らすには低カロリーでありながら、栄養補給できる食材が最適となります。ブロッコリーには、ビタミンを中心にミネラルやカロテンなど健康効果に優れた成分がたっぷりと含まれています。そして、食物繊維が豊富なのが特徴です。

 

ブロッコリーに含まれる不溶性食物繊維は、便秘改善に役立つだけでなく、体内で余った中性脂肪やコレステロールの吸収を抑えて、体外に排出してくれる働きがあります。

 

また、不溶性食物繊維は、吸水性が良く、体の中で水分を吸いこんで膨張するため、満腹感を得られやすいのです。食事制限をする時の強い味方になってくれますね。

page top